サビキ釣り-【リールの選び方】

釣りの中で一番メジャーと言える釣法「サビキ釣り」

サビキ釣りは、大人も子供も手軽に出来て、釣果率も高い釣法です。
 

ターゲットは「アジ・イワシ・サバ」などです。
稀に、サンバソウやチャリコ(真鯛の幼魚)、木っ端グレなども釣れることがある楽しさもあります。

【リールの選び方】

中型リールの3000番から4000番

リールの選び方は、釣り竿よりはシンプルに選べます。

重視するポイントは、使いやすさ。
リールの持ちやすさや巻きやすさリールのハンドルグリップが違うだけでも人によって持ちやすい、持ちにくいなどの好みがあります。
おすすめとしては、釣具店など手に触れて選ぶのがいいでしょう。

肝心なのは、リールに巻く糸(道糸=ライン)です。
ラインには「ナイロン素材」や「PE素材」などがあります。

・ナイロンライン=糸自体に伸縮性がある・ラインナップも豊富・比較的安価で購入できる伸びやすく劣化が早い

・PEライン=強度がある・感度がいい熱に弱い・価格が高い

通常のラインは150m巻が多いかと思います。
3000番~4000番のリールだとちょうど150mを巻き取れるくらいのスプール(糸を巻き取る部分)がついているので
スプールにちょうどツライチくらいになるように巻き取れるか、少し窪んだくらいの高さになると思います。

 

リールによっては、すでにラインもセットされているリールも販売されています。
ただし、ほとんどのリールでラインのグレードが低かったりするため、糸グセが付きやすかったり、高切れしやすかったりする場合があります。
※釣りをする初回のころは差し支えないですが、日が経過するに連れて、糸グセなどが付く場合があります。

 

ただ、セットされているリールや店頭のリールを使ってから、リールのグレードをアップしていくと、
リールに対しての知識や経験が得れるので、上達の近道になります♪
これらは、釣り竿でも同じことです。

 

ページトップへ