サビキ釣り-【竿の選び方】

釣りの中で一番メジャーと言える釣法「サビキ釣り」

サビキ釣りは、大人も子供も手軽に出来て、釣果率も高い釣法です。
 

ターゲットは「アジ・イワシ・サバ」などです。
稀に、サンバソウやチャリコ(真鯛の幼魚)、木っ端グレなども釣れることがある楽しさもあります。

【竿の選び方】

磯竿の2号~3号で、長さは4.5m~5.3m

竿の硬さは柔らかすぎず硬すぎずの竿を選びます。
柔らかすぎると釣りづらくサビキの仕掛けも海中で絡まりやすくなります。
逆に硬すぎると、魚を掛けたときに口に掛かった針が切れやすかったり、誘いにくかったり、糸が切れやすかったりといろいろ要因があります。
なので、ちょうどよいのが2~3号もしくは4号くらいまでの硬さの竿を選びます

竿の長さは4.5m~5.3mがベストですが、子供さんの場合は逆に長過ぎて、竿が重たく感じたり扱いにくいと思うので3~3.6mの釣り竿をおすすめします。
※この場合、竿の硬さが3号以上になる場合がありますが号数の少ない竿を選んでください

大人の場合、4.5m~5.3mの長さだと、あまり、糸を出したり巻いたりしなくていいので、
餌のオキアミをカゴに詰めるときに便利な長さです。
また、岸壁などから釣る際にも、際より少し沖目に仕掛けを投入することが出来るため、
魚の群れが、際から離れて回遊する際にも、釣りっぱぐれを防ぐことが出来ます。

やはり、釣具店の店頭で売っている、ショートロッドのセットでは、釣れないわけではないですが、
子供の背丈を考えて設計されているので、ちょっと釣りには不向きです。
​※飛ばしウキなどを使えば、これらの問題は解消します。

 

 

 

 

ページトップへ